photo by C Kiyokazu Watanabe



遅くなってしまいましたがライブレポートです。
アンケートより引用させていただきました。

1st
1.アランフェス協奏曲〜スペイン
久しぶりの生ライブ、生彩ちゃんだったせいも手伝い、聞いてしばらくすると急に涙があふれ出てきた。とくにスペインは僕の中ですごく好きな曲なのです。  人は急に感動に出会うと、涙が出るということを発見しました。
せつないリフもバイオリンにマッチしていて、久しぶりに来た甲斐があった、と   すぐに思った瞬間でした。

2.ミストラル
さわやかで気持ちいい曲ですね。トロンボーンも顔と出す音のミスマッチがとても良かったです。僕もTBであんな音が出せたら、彩ちゃんとデュエットできるかも、なんて想像しながら聞いてました。

3.スパトゥーノ
熱いラテンなのに全体的にはさわやか。こってり料理なのに後味すっきり、な曲ですね。正直、この曲はライブ後10日くらい、ぼくの頭の中でずっとなりっぱなしでした。最近ようやく違う曲になりました。モントゥーノ・・・好きなんです。

4.ピュアワールド
今でも十分にPUREな彩ちゃんが伝わってきましたよ。少し恥ずかしげなMCが印象的でした。ちょっと狙ってました?

5.エスパシオ
むむむ。今回のCDにも入ってた!僕この曲1枚目のCDで一番好きなんですよ。   ラテンの血が騒ぐんですよ。LIVEではギターのお兄さんがかっこよかったー。   もちろん彩ちゃんは言うまでもない。

6.ライディーン(YMO)
元がテクノとは思えないほど、気持ちいいアレンジでしたね。こんなのもありかなって感じました。むしろ、もともとこんな曲だったんじゃないか、って気がしました。


2nd
7.コーヒールンバ
ケーニャと手笛には感動しました。佐野さんマジすごい。今回はラテンの枠を  一歩出てすごくワールドワイドな感じがしました。彩ちゃんの世界旅行!みたいな。

8.宙へ
。。。。。。。
  !!!!!!
  感無量です。
  ホンと、涙が止まりませんでした。今思い出しても。聞いていると、だんだん体中に音が染み渡っていき、体無くなってしまい、魂だけの 存在になり、だんだん昇華されていきそうな、何か懐かしく、何か切なく、何か心地よく、そんな感覚になりました。ほんとほんとむちゃくちゃいいです、って言葉に書いたら陳腐な表現にしかなりませんが
最高です!!!
映画音楽に使われる大曲に匹敵するくらい壮大なテーマで作られており、感動を覚えるくらい心に染み渡ってきて、自分でも不思議なくらい涙があふれ出てきて止まりませんでした。ホルストの惑星を初めて聞いた時のような感動がよみがえってきました。   恥ずかしながら携帯着メロに自分でこの曲を打ち込み始めました。伴奏のコード、難しい!

9.明日の風
前の曲が前の曲だっただけに、すごく安らぎ感を与えられる感じがしました。バイオリンという楽器の良さが全部伝わってくる気がしました。

10.Fantasy
これもアレンジもので、面白かったです。ギターのアドリブが、また絶好調で格好良かったです。

11.リベルタンゴ
でたー。依田彩の真骨頂だー。あの吸い込まれるような激しいアドリブは、観客すべてを魅了し、アドリブが終わった 時もみんな拍手をするのを忘れるくらい曲にのめり込んでいたのを、僕は見逃しませんでしたよ。もちろん僕ものめりこんでました。ほんとアドリブ中は息をするのを忘れたかのようで、終わった瞬間我に返ったら心臓がバクバクしていたのを覚えてます。

12.グラフィックス
何か依田彩の世界観が広がったような曲だと思いました。 前回のLIVEでは、ラテン、という枠の中から聞いていたような気がしますが、今回はもっといろいろな世界観が広がった、まさに色彩が非常に増えたグラフィックスな
 LIVEだった気がします。これも耳に残る曲でした。

アンコール
13.ルパン3世
定番ルパン。聞けてよかった。

14.マシュケナダ
セルメン来日中でしたね。やはりマシュケ。思わず踊ってしまいました。